キャリアコンサルティングサービス エムキャリ

ストレスチェック導入支援

ストレスチェック義務化対応!
導入から労基署への報告まで一括支援します!

従業員数50 名以上の事業場では、ストレスチェック制度導入が義務化されています!

ストレスチェック制度は、従業員にストレスに関する質問に答えてもらい、その結果をも とに現時点で自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。 労働安全衛生法が改正され、従業員が50 人以上の事業場では、2015 年12 月から1 年に1 回、全従業員に対し実施することが義務付けられました。

1 年に1 度の実施で、従業員のメンタル不調を未然に把握!

従業員が1 年に1 度、自分のストレス状態を知ることで、ストレスを溜めすぎないよう対処したり、高ストレス状態の場合は医師による面接・指導を受けて助言を受けたり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらい職場環境改善に繋げることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に予防するための仕組みです。

エムキャリは、ストレスチェックの導入~労基署報告までワンストップで支援します!

エムキャリでは、ストレスチェック導入準備から実施、運用、産業医の手配、労働基準監督署への報告支援までワンストップで支援することで、企業担当者様の作業負担を軽減いたします。

エムキャリは、ストレスチェックの導入~労基署報告までワンストップで支援します! エムキャリは、ストレスチェックの導入~労基署報告までワンストップで支援します! +拡大

※実施者、実施事務従事者の役割は参考として記載しています。ご利用時にご検討ください。

(参考)従業員が疾病により休職・退職した場合にかかる想定コスト

従業員が疾病により休職・退職した場合にかかる想定コスト 従業員が疾病により休職・退職した場合にかかる想定コスト

※厚生労働省:「うつ病を中心としたこころの健康障害をもつ労働者の職場復帰および職場 適応支援方策に関する研究」より 中小企業事業場における疾病休業率を100 人規模に当てはめた場合