キャリアコンサルティングサービス エムキャリ

エムキャリ・コラム

キャリアコンサルティング

2019/08/30

【コラム】リーダーに求められるものとは~1on1ミーティングのすすめ~

 ひと昔前まで「リーダー」と言えば、部下を叱咤激励して士気を鼓舞し、先頭に立ってグイグイとチームを引っ張っていくといったイメージが強かったのではないでしょうか。そのようなリーダーの頼もしさや力強さに部下は信頼を寄せ、受身の状態でリーダーに従うという傾向があったかと思われます。

 現代でもそのようなトップダウン型のワンマンで、なかば強引ともいえるリーダーに部下はついていくのかと言えば、そうではありません。もしそのようなリーダーがいたとしたら、「一緒にいると疲れる」「もう、ついていけない・・・」という不平や不満がチーム内に蔓延することは想像に難くありません。

 産業構造や就業構造の変化、働き方の多様化が起こっている現代において、どのようなリーダーが求められるのでしょうか。

 まず、リーダー自身が自分のことを知り、理解することが大切だと思います。自分の強みや弱み、得意や不得意、できることやできないこと、今までの成功体験や失敗体験などを知り、チームに対してどのような考えや思いをもっているのかなど、しっかりとした自己理解をしていくことが必要です。1人で考えるのが難しければ、キャリアコンサルティングを活用することをお勧めします。キャリアコンサルタントに話をすることで、自分の考えを整理でき、また、自分ではわからない能力やスキルに気づけることもあり、自己理解を促進させる効果があります。

 そして、部下をよく観察し、それぞれの特性を把握することが大切です。リーダーが部下の個々の能力を開花・発揮させることでチーム全体のパフォーマンスを向上させ、目標を達成できるようサポートすることが重要となります。そのためには、部下との対話がカギとなります。メールやLINEといったデジタルツールを使わない、11の対面式の会話を行うことが大切です。そうすることでリーダーの人となりや意外な一面、考えや思いなどが部下に直に伝わり、部下もリーダーに対して親しみやすさや信頼が強くなり、チームのエンゲージメントが高まる効果が期待できます。リーダーにとってもメンバー個々の適性や能力を把握でき、業務分担や仕事負荷の調整などの判断材料となり、チーム内におけるメンバーの働きやすさやモチベーション向上につながると思います。

 その1手段として、1on1ミーティングをお勧めしています。弊社では、効果的な導入の仕方や面談での関わり方に関するサポートも行っています。効果的な1on1を実施することで、組織内、特に上司と部下の関係が潤滑化し、部下の方々が自信をもって目標に向けた行動を取りやすくなることもあります。また、1on1での関わりは、キャリアコンサルタントが相談者と関わる際に駆使する関わりと非常に似ているため、キャリアコンサルティングの知見が有効であると感じています。

 現代のリーダーは、プレイングマネージャーとしての役割が重く、個々の部下に時間を割いて対話を行うことをはじめは負担に感じられると思います。しかし、キャリアコンサルティングや1on1ミーティングを通じて、自己理解とともに部下への理解に取り組むことで、結果的に社員の自律と組織推進力の向上につながることを実感しています。

(文:エムキャリ®・コラム編集部)

一覧に戻る